住宅ローンの借り換えをするときに気を付けること

Filed under: キャッシング全般 — admin @ 12:00 AM 2013年1月17日

住宅ローンを借りてみたけど、別の銀行の方が金利が安くて魅力的だった、なんて思うことがあります。そんな時に住宅ローンの借り換えを利用してみるといいでしょう。よりいい条件に換えることで住宅ローン返済にかかる総合的な返済費用を抑えることができます。住宅ローンは費用がかなり大きくなるので少しでも安くできれば生活にかかる返済負担も減らすことができます。

住宅ローンの借り換え行うときに考えないといけないことはどのくらいの返済費用を下げることができるかです。残りの返済期間が長いほど金利による利息軽減分は大きくなります。0.5%金利が違うと残り返済期間が20年あるなら大幅な値下げとなり、借り換えを試してみる価値は十分にあります。金利が安いところを選んでさらに保証料等がかからないような住宅ローンを選んでみましょう。

ただ住宅ローンの借り換えを行うときにも注意をしないといけないことですが、手数料等の費用は掛かってくると言うことです。残りの返済期間が少なくなった状態で借り換えを行うとほとんど返済料金が変わらないなんてことになります。大事なことは総合的にどのくらいの軽減ができるかなので、金利によるメリットだけを見てしまわないようにしてください。